• 結婚をお考えの方へ

選び方

女性

彼が、私に贈ってくれた婚約指輪。それは、銀座田中ブライダルというジュエリーブランドでした。
まだ私たちが恋人同士だった頃、いつか将来の話をしました。
「いつか結婚できたらいいね」なんて言っていたのを今でも思い出します。
その時に、インターネットでいろんなジュエリーブランドを見ていたんですよね。
これがかわいいねとか、これがきれいだねとかいろいろ話していました。
その中で、見ていたジュエリーブランドの1つが、この銀座田中ブライダルでした。
最終的に、なぜこの銀座田中ブライダルを選んだのか、あとで彼に聞いてみたんですが、キャッチコピーがすごく良かったそうです。
その時、銀座田中ブライダルが掲げていた婚約指輪のキャッチコピー。
それは、「恋人が最後に贈るもの。」でした。
当時私は、特別気に留めていなかったのですが、今聞くと本当に素敵なキャッチコピーだなと思います。

やはり、男性からすると、婚約指輪やプロポーズというのは、一世一代のビッグイベントみたいです。
もちろん、それを受け取る側にとっても、ビッグイベントです。
きっと、私の知らないところで、彼は努力してくれたのでしょう。
今でも、彼がいないところで、もらった婚約指輪を眺めています。
ダイヤモンドが留められていて、ディティールにもこだわっているので素敵です。
婚約指輪は、一般的に男性が女性に贈る記念品と言われています。
結婚を約束した記念に贈るものとされているのだそうです。
だからこそ、宝石や装飾などできらびやかなものが好まれるのです。